夢の細道

夢日記

たたき売り #90

 また暇になってきた。

 マリウポリが陥落した。

 道端でたたき売りのバイトをしている。寅さん映画の見すぎだろうか。隣に同僚のおっさんがいて同じような商売をしている。今日も売上は芳しくない。夕方、私は店をたたんで、帰り際に、隣のおっさんが哀れになって、千円札をあげた。内心、五百円にしておけばよかったと後悔した。おっさんは、案の定、いらない、と千円札をかえしてよこした。私は内心ホッとした。おっさんは、一日で三千万円儲けたことがある、と言った。えっ、そいつは意外だ。ナニ売ったんですか、と聞いてみた。電化製品だろうか。答えを聞かないうちに夢は終わった。

 会社の帰り道、知らない女が話しかけてきた。美人でないし貧相な感じだが、一緒に歩いているうちに、手に触れ、握ってしまうと、女は拒否しない。だんだん大胆になって、肩に手を回したり、脇の下から手を入れて乳首を揉んだりした。それで駅近くのホテルに入ろうということになった。女は素足に下駄履きで、途中、転びそうになったが怪我はなかった。足の内部が少し悪いらしい。めぼしいホテルを探し当て建物の中に入ると、いくら持っているかと私に聞いた。一万二千円と答えた。女は足りない分のお金を持ってくると言って階段を駆け上がって行った。フロントで待っていると、胡散臭い連中に絡まれそうになったが、胡散臭さでは私は彼らに劣るものではなかった。女はなかなか戻ってこない。帰りは遅くなりそうで、妻にはなんと言い訳しよう。そのうち、女にすっぽかされたことに気づいて帰ることにした。

 老練なベテラン釣り師に同行した。モーター付きの小舟で沖に出てエンジンを止め、老人は海原に餌を撒いた。その餌を求めてクエが海底から浮上してきて、鯉が餌を食べるみたいに口をパクパクさせた。老釣り師は、そのクエの口にいとも簡単に手に持った大きな釣り針を引っかけて大きなクエを釣り上げていった。手首のヒネリ方にコツがあるらしい。あっという間に七匹も釣り上げてしまった。深場にいるクエが面白いように集まってくる強力な餌だ。今晩はクエ鍋で酒が飲める。この釣りに関して、何故か、全米釣り協会が
苦情を表明しているという。

VR釣り② #89

その日はカヌーを漕いでワカサギを釣った。森に囲まれた小さな湖だった。真冬でも所々薄氷が張るくらいで、完全な結氷はなかった。所々、薄氷をオールで叩き割って前進した。
ちっちゃなウジ虫を五本針に付けて湖の底へと落とす。着底したら少し糸を巻いて竿を小刻みに振ってやると、極細の竿先がブルブル震えて、糸を巻くと2,3匹ワカサギがくっついてくる。釣れなくなるとカヌーを漕いで場所を移動する。寒気が体を締め付けるが楽しい。😃💕食べられる量を釣ったら終了だ。森の中の家に持ち帰り、唐揚げにして食べる。お酒🍶を熱めにして、湖のワカサギを味わう。

巨大なモスクでコーランの祈りを捧げた後、私達は長い陸橋を仲間達と歩いていた。陸橋は中心街へと通じている。白くて長い服を着流してイスラム風の丸い帽子をかぶったりターバンを巻き付けた男達とぞろぞろ帰途についていた。ホダー(神)よ、ホダー、どうしてこの人生は悲哀ばかりがウチ続く?その時、陸橋を歩く一団にどよめきが起こる。私の隣を歩く老師が、誰かが悪の聖水を撒き始めたと言った。大変だ、テロだ、汚らわしい悪の聖水。辺りはパニックになりそうな不穏な動き。すでに駆け出して逃げようとする人々。私達も陸橋脇の非常階段を降り始める。悪の聖水は硫酸のように人体を焦がしてしまう。ホダーよ、ホダー、どうしてこの世は?

海外の海賊番組で、ボレロ風バンドでジョニーアルフの名曲「そよ風と私」を演奏するという情報を得て、そのチャンネルを傍受した。四人編成のバンドでボーカルは男性だった。スペイン語で意味は分からないが、リズムはハイセンスだった。「そよ風と私」はなかなか演奏してくれなかった。歌を聞いているとスペイン語を話す中南米の髭面の男が話しかけてきた。男はベラスケスと名乗った。ベラと呼ぶことにした。私はスペイン語は分からないこと、ポルトガル語は少し話せること、「そよ風と私」は大好きな曲であるということなどを話した。ベラと私は意気投合し、ブラジルの仲間を紹介しようと言ってくれた。かれこれ私はブラジルの友達が欲しいと思っていたので、ベラに礼を言った。ベラの仲間が5,6人かけつけて来た。中には太ったオバチャンや子供もいた。いつかそこは野外になっていた。ワイワイやっている内にスズメバチが男の子を刺し、辺りは騒然となった。男の子をすぐに私の家に運んで蒲団に寝かせた。救急車を呼んだ方がいいだろう。私は薬箱に消毒液を探すが、なかなか見つからない。ハチに刺された子供をベラが見守っている。ベラが病院や薬局にすぐに行かないのを不思議に思った。お金がないのだろうか。ベラの仲間達との下品な言葉遣いから、あまり素性のいい男ではないと思えた。こんな時でも卑猥な話で周りの仲間達と笑い合っている。

VRバーチャル釣り #88

食べ残しを買い取ってくれるパン屋があった。食べ残しのパンをどうやって再利用するのかは分からないが、その日、私は食べ残しのパンを持ってそのパン屋を訪れた。そのパン屋の店長らしい女性が私の持ち込んだ食べ残しのパンを子細に点検した。私はかわりに新しいパンを買ったが、レシートを見ると、買い取り額が120円で、購入額が678円となっていた。差額はどうするのだろうと思ったが、女の店長はサービス処理してくれたらしい。私は女店長に礼を言い、握手した。美人で活動的なイキのいい人だった。

魚を追いながら渓流を遡上し森の奥へと入って行った。渓流は木漏れ日に照らされた樹木の葉々と岩肌の美しい渓相を見せて激しく蛇行しながら私を上流へと誘い続ける。流れの緩い淵に川石の底にいる虫を釣針に引っ掛けて振り込むと、すかさず釣糸が張って予想外の方へ動き出し、ハッと合わせると、大きな魚体が水しぶきを上げて空中にライズする。釣竿が折れんばかりに弧を描き、釣糸がパァーンと切れる。フッーと溜息をついて次の新しい瀬に向かう。熊の危険な気配を感じる。熊よけスプレーや爆竹や切れ味のいいナタを持っていて、いつでも熊と格闘できると思っている。

右膝かぶのところに直径13センチほどの円形の皮膚病ができていて、一時は治りかけたものの、再び悪化してきて病院へ行った。クレーターのように周りが盛り上がっていて、チーズのタルト菓子のようだ。なんだろう、これ、困った、と医者が言った。飲み薬はあるけど強いからなあ、と医者。あまり薬は飲みたくないですね、と私が言った。円形の中央が黄色く膿んでいて、看護婦さんが私の前にかがんで、スプーンでジャムをすくうように膿を掻き出し始めた。ちょっとむず痒い。ウッ、ウウーム。

多摩川の釣り名人 #87

私は黒人人権運動家で牧師になっていた。たくさんの仲間が殺され続けた。私は演説中に民衆の前で殺された。自分の故郷の教会の庭で、遠くのビルの窓から狙撃された。オナカをぶち抜かれて演台から転げ落ちた。腹を押さえながら地面にうつ伏せになって死んだ。

テレビでニュースを見ていると、見たことのある女の人が現れた。三十代の主婦のタカナシさんだ。小岩のバス停から実況中継だ。ここで一年前に大惨事の事故が起きていた。タカナシさんはオレンジ色のワンピースに白の薄いカーディガンを羽織っていた。髪はショートとロングの中間タイプだ。タカナシさんは一年前の恐ろしい体験を語った。あの時、私はタカナシさんのすぐ後ろでバスを待っていた。そこへ停まるはずのバスがスピードを落とさず突っ込んできた。一瞬にして十数人が死傷した。タカナシさんは間一髪で怪我を免れ、私も呆然と立ち尽くしたものだった。

釣り名人が訪ねてきた。多摩川の釣り愛好会で作っている機関誌を見せてくれた。表紙には変わった魚の写真が載っていた。多摩川の有名な固有種で、ウナギ型で、タチウオとリュウグウノツカイのあいの子みたいな魚体。頭部に特徴があり、花のガーベラのようなヒダのある丸い頭に目と尖った口がついている。体色は薄茶褐色だ。名前は忘れた。ウィル君なら面白い絵が描けそうだ。
カアサンは私との口げんかで、どこかに引っ込んでいた。最近、私も多摩川に釣りに行っており、その時の写真を名人に見せようとした。川の風景だけで、名人は多摩川と言い当てて、さすがと思った。釣った小魚の写真を出そうとして画面がフリーズしてしまった。カアサンを呼んで、どうしたらいいか教えて下さいと、ご機嫌をとりがてら聞いてみた。画面左上のESCキーを押せば、とカアサンが言った。スマホがパソコンになっている。ESCキーを押したが変わらない。そうだ、夢だからダメなんだと気づいて夢をエスケープしたら、全部消えていた。

ハクビシン #86

何故か電車の中にヤクザの幹部と一緒にいる。座席はたくさん空いているのに私達は立ちっぱなしだ。私は大物ヤクザの警護係らしい。用心棒だ。私は、空まで飛べないし、瞬間空間移動も出来ないが、空手や合気道やキックボクシングで鍛えて、身体能力は極めて高い。銃もナイフもピッカピカ。即逮捕だが、この国には警察はない。金がない、女がない、と泣きべそをかかない。そこへ対抗組織のヤクザが数人入って来て私達をとり囲んだ。なにか宇宙語でしゃべり合っている。私がガードしている入れ墨だらけのオジサンを殺しに来たらしいが、私がいるので手出しが出来ないらしい。

日が暮れてきて、運転に疲れて高速道路を降りて、国道沿いのビジネスホテルに入った。翌朝、窓のカーテンを開けて少し驚いた。窓の外は、一面、丘陵が広がっているのだが、そこにはびっしりと小さな墓石が立ち並んでいた。墓石群の端のキレ目の所で十数人の年寄りたちが畑を耕すみたいにクワで土をかいていた。発掘作業をしているらしかった。中には墓石が掘り起こされて転がっている所もあった。墓荒しか。盗掘か。人骨を調査しているらしい。とても古い時代の墓らしい。

電車が停まった。電車の中は乗客が避難して空っぽになった。もうすぐ警察が私を逮捕しにくるはずだ。私は電車から飛び降りて逃げた。山林や畑の中を逃げた。畑の奥に大きな農家のような建物があって、そこに忍び込んだ。ハクビシンのような動物だか人間だかが現れて私を屋根裏に導いた。屋根裏を進んでいくと、大部屋に出た。そこにその家のオヤジがいて、宿を経営しているようで、オバチャンがたがちょうど料理を作っているところだった。私は調理人として雇ってくれるようにオヤジに頼んだ。人手不足のようで、私はそこで働くことになった。働く前に、一応、紙に学歴を書く慣わしになっていた。私は東北のとある高校を卒業していたが、正直に書くべきかどうか迷っている。

ダニの親分 #85

将棋のヒフミさんが造形芸術家となって現れた。私は彼の付け人だった。二人は制作会場に向かっている。私は手荷物がカバンひとつだけだったが、ヒフミさんは大きなズウタイにたくさんの荷物を持ち抱えていることに気づいた。ヒフミさんに謝罪し、彼が抱え込んでいる荷物を持つことにした。彼は荷物を道端に置いたのだが、もともと道端に置いてあった物と区別がつかなくなった。私はヒフミさんに、この荷物はヒフミさんのですか、と聞いたら、そうだ、と答えた。よく見るとやはり他の物と区別がつかないのだが、ヒフミさんはさっさと行ってしまった。どうしようと思っていると、会場から二人の男が手伝いに来たのだが、やはりどれを持っていけばいいのか分からなくて三人で困っている。

以前務めていた会社に遊びに行った。社内でのんびり他の社員とくつろいでいると、部長が入ってきた。仕事しなくちゃ悪いかなと思ってトイレにたった。右側の鼻の穴がむず痒いので、指を入れて鼻水をかむようにフンといったら、何かが落ちたような気がした。下を見ると水場のシンクの中にダニの親分のような、脱皮前のセミのような、硬い羽のないゴキブリのような形の朱色の虫が這っていた。水をかけると白くなったが、そのまま見ていると再び朱色に戻った。こんな虫が鼻の奥に棲んでいるとは思えなかった。

港の岸壁を歩いていた。 向こうに海に突き出た突堤があって、数人の男たちで賑やかだ。よく見ると、男たちはルアーを投げてイカを釣り上げたり、柄の長い網でイカをすくったりしている。イカの群れが産卵のため接岸しているのだ。誰かがコイもとれたと言うのが聞こえた。ヒラスズキのことをウゴイと呼ぶ地域があるので、スズキのことだろう。私もイカをとろうと家に戻った。一週間くらいはイカと遊べそうだ。家に入ってカアサンと呼ぶと知らない若い女がいた。感じは悪くない。カアサンは他の場所にいてホッとした。車はどこ、と聞くと、タカタさんが何処かに持っていったらしくて分からないという。なんで分からない、アホかと思ったが、ここで夢は終わった。